September 17, 2021

素敵な名言7選【20代女子の心に響く】

心が疲れてしまった時や気持ちがどんより沈んでしまった時。人生の先輩たちが残した素敵な名言に耳を傾けて力をもらいましょう。今回は20代女子の心に響いた前向きになって、笑顔になれる素敵な名言を7つ厳選しました!

コロナ禍の中、日々生きていると心が疲れてしまい、沈んだ気持ちになることはありませんか?

そんな時は人生の先輩たちが遺した素敵な名言に耳を傾けて、力をもらうのがおすすめです。

今回は、都内某大学に通う私ほたるが『20代女子の心に響く名言を7つ』に厳選し、それぞれ人物別に分けてご紹介します!

ココ・シャネルの名言4選

ココ・シャネルはかの有名なブランド「CHANEL」の生みの親であり、生涯独身を貫いたことでも有名な人です。

そんな彼女の遺した名言を、ここでは4選ご紹介します。

1.『美しさは女の武器であり、装いは女の知恵。そして、謙虚さとはエレガンスのことよ。』

シャネルの遺したこの名言には「女とはいかに生きるべきか」という要素が詰まっており、若いうちから知っておいて損はない言葉です。

20代のうちから実践できるだけでなく、女性が魅力的に年を重ねる助けにもなる名言ですよね。

2.『翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。』

シャネルは幼い時に母を亡くし、孤児院で質素で厳しい生活を送りましたが、そこで学んだ裁縫を生かして仕立て屋の職につく道を切り拓きました。

最初から不利な状況であっても諦めずに挑み続けた彼女の言葉には説得力がありますし、とても心打たれる言葉ですよね。

3.『美しさは、あなたがあなたらしくいると決めた時に始まる。』

シャネルは女性の美しさについて多くの名言を遺していますが、筆者は特にこの言葉がとても大好きです。

美しさというと単に外見について考えがちですが、シャネルは自分らしさを美しさの始まりと捉えていたようですね。

外見が全てと言われてしまう現代において、女性をこの上なく励ましてくれる名言だと思います。

4.『男はみんな子どもだって解ってるなら、あなたはあらゆることに精通しているわ。』

シャネルは生涯独身を貫きましたが様々な男性と恋に落ち、人並みに結婚願望もあったそうです。

女性と男性では精神年齢が違うとも言われますが、女性の方がおおらかに構えているのも大切なのかもしれませんね。

恋愛や男女関係に悩む全ての女性にとって、時代を問わずに共感を集める名言といえるでしょう。

オードリー・ヘプバーンの名言3選

オードリー・ヘプバーンはイギリス人の女優で、1999年に発表された「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインするほどの実力の持ち主です。

幼い頃に父が家出し、5歳で寄宿学校に入れられた寂しさのあまり太り、自分に自信を持てなくなってしまったという壮絶な幼少期を送りました。

そんな波瀾万丈な人生を送った、彼女の名言をここでは3選ご紹介します。

1.『不可能なことなどないわ。Impossible(不可能)という単語自体に、I’m possible(私にはできる)と書いてあるのだから。』

言葉遊びのようにも思えますが、女性が様々な困難にぶつかりながら生きていく上で支えになってくれる言葉であると思います。

英語の面白さを感じられるのと同時にハッとさせられますし、なんだか勇気が湧いてくる名言ですよね。

2.『一番好きなことは笑うこと。人として最も大事なことじゃないかしら。』

オードリー自身はユーモアのある性格で周りを笑わせ、いわゆる「愛されキャラ」だったそうです。

科学的にも笑顔の女性は魅力的に見えることが証明されていますし、笑顔は顔立ちの欠点も補ってくれるそうです。

笑顔を心がけることで、自然と人間関係や恋愛もうまくいくようになるのかもしれませんね!

3.『わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。』

自信を持てなくなると必死に改善しようと焦るものですが、欠点も受け入れてありのままで生きられるのはこの上なく素晴らしいことですよね。

また、目につきやすく指摘してしまいがちな他者の欠点を受け入れることができれば、人としての器はかなり大きくなります。

今すぐには難しいことであっても、年を重ねるうちにオードリーのような女性になりたいものですね。

名言から力をもらい、自分らしく美しく輝きましょう!

いかがでしたでしょうか?疲れた時は人生の先輩たちの名言を支えとして、自分らしく生きていきましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

Related articles

翻訳する