October 27, 2021

『アウトバストリートメント』でもっとキレイな髪に!メリットや使い方は?

髪の毛の輝きは見た目の印象が左右される重要なポイント。ヘアケアには様々な方法がありますが、今回は特におすすめしたい「アウトバストリートメント」のメリットや使い方についてご紹介していきます。

髪の毛は、見た目の印象が大きく左右される重要なポイントのひとつですよね。

美容室に行った後などの数日間は綺麗な髪の状態を維持することができると思いますが、日々のヘアケアを怠ってしまったことですぐに傷んでしまったり、乾燥してしまったりしたという経験をした方は多いのではないでしょうか。

ヘアケアには様々な方法がありますが、今回は特におすすめしたい「アウトバストリートメント」のメリットや使い方についてご紹介していきます。

 

「アウトバストリートメント」とは?

アウトバストリートメントとは、その名の通り「お風呂に入った後に使用するトリートメント」のことです。「洗い流さないトリートメント」と呼ばれることもあり、ヘアケアアイテムの中でも人気の高い商品となっています。

お風呂では、シャンプーやコンディショナーなどを使用して綺麗な髪の状態にすることができます。その綺麗な髪の毛にすぐにアウトバストリートメントを使用することで、綺麗な髪の状態を長く維持することができるのです。

 

アウトバストリートメントを使用するメリットは?

アウトバストリートメントを使用する主なメリットとして「ダメージケア効果」、「紫外線や熱からの保護効果」、「カラーやパーマの長持ち効果」の3つがあります。では、3つのメリットについて詳しく説明していきます。

【メリット1】ダメージケア効果

髪の毛は美容室に行って間もない期間はダメージもなく綺麗な状態を維持することができますが、日が経つにつれて徐々に傷みが出始めてきます。

しかし、アウトバストリートメントを使用することで、傷んだ髪の毛をケアしてくれたり、ツヤを出すことで傷みを目立たせなくすることができるのです。

アウトドアトリートメントは栄養分がたくさん凝縮されているため、ダメージケアには大きな効果をもたらしてくれると言われています。

 

【メリット2】紫外線や熱からの保護効果

女性の多くの方が、毎日ドライヤーやアイロンなどを使用するかと思います。また、外に出ることが多い方は自然と紫外線のダメージも受けていることになります。

しかし、アウトドアトリートメントを使用することで髪の毛の表面を膜で覆うことができるため、日常的に受けているダメージを最小限に抑制することができるのです。

 

【メリット3】カラーやパーマの長持ち効果

女性の誰もが「カラーやパーマを長持ちさせたい」と思っているのではないでしょうか。カラーやパーマが長持ちしない理由は「髪の毛の乾燥」が主な原因です。

アウトバストリートメントは「保湿効果」が高く、髪の毛の乾燥を防止してくれる効果があります。その結果、カラーやパーマを長持ちさせることができるようになるのです。

 

アウトバストリートメントの使い方

アウトバストリートメントを使用した経験の無い方は使い方が分からないかと思います。ここでは、アウトバストリートメントの使い方を簡単に分かりやすく、手順に沿ってご紹介していきます。

【手順1】シャンプーやコンディショナーでしっかり髪を洗う

アウトバストリートメントは綺麗な状態の髪の毛に使用することで、最大の効果を発揮させることができます。そのため、使用する前は必ずシャンプーやコンディショナーなどを使用して綺麗な状態にしましょう。

清潔な状態で使用しないと、せっかくのアウトバストリートメントが無駄になってしまうため注意してください。

 

【手順2】タオルドライをする

初めてアウトバストリートメントを使用する方は「タオルドライをするの?しないの?」という疑問を抱くかと思います。アウトバストリートメントを使用する前は、タオルドライを行い、ある程度乾かしてから使用するようにしましょう。

髪の毛に水分を含みすぎている状態で使用してしまうと、馴染みが悪くなるため注意してください。

 

【手順3】毛先→中間部分の順にアウトバストリートメントを馴染ませる

ここで遂に、アウトバストリートメントを使用します。馴染ませ方としては、まず毛先に馴染ませてから中間部分に馴染ませていくという順序になります。

馴染ませる際は頭皮にトリートメントが付かないように注意して行うようにしてください。

Related articles

翻訳する