怒らない方法ってあるの?怒りの原因や怒りをコントロールするコツをご紹介

今回は怒らない方法を身に付けるために怒りの原因や怒りをコントロールするコツなどを解説していきます。

いらいらする女性

みなさん、普段どのくらい怒っていますか?毎日のように怒っている人もいれば、滅多に怒らない人もいると思います。「怒り」と聞くと悪いイメージを持ってしまいがちですが、怒ることでモチベーションを維持するというポジティブな面もあるのです。

しかし、些細なことで怒り過ぎると周りの人から良い印象を持ってもらえないのも事実です。そこで今回は、怒らない方法を身に付けるために、怒りの原因や怒りをコントロールするコツなどを解説していきます。

怒りの原因

人間が日常生活を送っていく中で「怒り」は決して無くなることのない感情の一つです。怒りの感情は、危険から逃れるときや自分の価値観や自尊心を守るときに使われます。では、なぜ人間は怒りの感情を抱いてしまうのでしょうか。

 

怒りの感情を抱く原因は、「他者に対する要望」が関係しています。自分は「こうあるべき」「こうあってほしい」と思っていても、他者にはまた違った理想や願望があります。そこで価値観の違いに衝突し、自分の思い通りにならないことに怒りの感情を抱いてしまうのです。

心理学では、怒りは「二次感情」と呼ばれています。二次感情の前には、苦しいや不安、辛いなどのネガティブな「一次感情」があり、一次感情を通り過ぎてしまうと「怒り」という二次感情を引き起こしてしまうのです。

一次感情で上手くコントロールできる人もいれば、すぐに二次感情を引き起こしてしまう人もいます。コップに例えると、一次感情でいっぱいになったものが溢れ出すと二次感情を引き起こしてしまうという現象です。コップの容量が大きければ大きいほど一次感情でコントロールすることができ、小さければ小さいほどすぐに二次感情を引き起こしてしまいます。これには個人差があり、その日の気分やコンディションによっても変わってきます。

 

怒りをコントロールするコツ

怒りの感情を完全に無くすことはできませんが、上手くコントロールすることで怒りを引き起こしにくくすることはできます。ここでは、怒りと上手に向き合っていくために怒りをコントロールするコツを4つご紹介します。

1.気持ちに余裕を持つ

心身共に余裕のある人は怒りをコントロールできる人が多いです。心身に余裕を持つためには、規則正しい食生活や睡眠時間を習慣づけることが大切です。常に余裕のある状態を維持しておくことで、怒りをコントロールすることができるでしょう。

2.受け流すスキルを身に付ける

怒りの感情は、相手の価値観に自分が納得できないために起こるものです。そのため、自分の考え方や捉え方を変えることで怒りを軽減することができます。また、時には相手の意見を受け流すことで怒りをコントロールすることができます。

3.怒りを覚えたら深呼吸する

一般的に怒りのピークは「6秒間」と言われています。大きくゆっくりと深呼吸をすると6秒間はかかります。そのため、怒りを覚えてから深呼吸することで怒りを抑制することが可能なのです。

4.許容範囲を広げる

怒りの感情は、自分が相手に求めすぎていたり、自分の価値観を押し付けている場合もあります。自分の許容範囲を広げることで、相手の価値観を受け入れることができたり、相手を思いやる言動を取ることができるようになります。

友達

怒るデメリット

怒ることでどのようなデメリットが生じてしまうのか知っていますか?ここでは、怒るデメリットを3つご紹介します。

1.お互い疲れる

怒ることは、怒っている側と怒られている側ともに大きなストレスを感じてしまい、お互いが疲れてしまいます。

2.感情のコントロールができない人と思われる

その場の雰囲気を考えずに怒ってしまうと周りの人から「この人は感情のコントロールができない人なんだ」と思われてしまう可能性があります。そう思われてしまうと信頼性も失うというデメリットが生じてしまいます。

3.余計なことを話してもらえなくなる

頻繁に怒っていると、相手からは「また怒られるから余計な話はしないようにしよう」と思われてしまい、踏み込んだ話をしてもらえなくなります。

怒らないメリット

怒らないことでどのようなメリットを得ることができるのか知っていますか?ここでは、怒らないメリットを3つご紹介します。

1.表情が豊かになる

怒らない人は、笑顔が多く、表情が豊かになります。表情が豊かな人は、周りの人から好まれやすくなります。

2.良い人間関係を作れる

怒らない人には、自然と人が集まってきます。そのため、多くの人と良い人間関係を作ることができます。

3.悩みが少なくなる

悩みの原因で多いものの一つが怒りを伴うものです。そのため、怒らない人は自然と悩みも少なくなります。

Related articles

翻訳する